期間工に失業保険はあるのか?

b21a3099e1167345f275a62dfcda7501_s

よくこういった期間限定の職の人は福利厚生などがなく万一何かあった時に不安になります。しかし期間工の場合、契約期間が満了に達した場合はきちんと失業保険受給対象となり失業保険を受け取ることが出来る。

ただし、失業保険の対象となりうるのは少なくとも1年以上勤務する必要がある。1年という期間はしっかり念頭に置く必要がある。また、ここで留意しないといけないのは期間工というのは法律上の雇用形態からみると、「期間が限定された契約社員に相当する。従って同一企業に勤務する場合には長くても2年11ケ月であることを忘れてはいけない。契約期間が満了に近づくにあたり、今後の自分の気持ちを整理して、しばらくのんびりと失業保険を受け取りながら時期をみてまた別の会社で期間工を始めるのもいいし、目的のある人はその目的に向かって突き進むこともいい。

継続して仕事に務めるのが苦手な人にとってはもっていこいの契約形態だ。目的が明確に定まっていない場合は折をみて別の会社での期間工に進むことをリコメンドする。

失業保険対象のまとめ

・1年以上働かないと失業保険はもらえない。

・期間工は契約社員の雇用保険に従うので2年11ヶ月までしか働けない。

こういった採用は会社にも個人にもメリットがある。会社は必要以上の出費を抑えられ、忙しい時に雇い暇なときには給料を払わずに済む一方働く者にとっては間接的に採用が期待でき職場的に続けるのがこんなんだと思えば契約を再契約しなければ良いことである。また給料面においては失業保険や多くの手当を受け取ることも可能というのもメリットの一つでしょう。ますます期間工に雇用形態は広まりそうである。