期間工のデメリット!契約前に確認を・・

メリットが多い期間工でもデメリットも当然あります。契約前には一読することをおすすめ致します。
シフト状況をチェックしながら、積極的に勤務を行って給料を稼ぐというケースにおいて、残念ながらそのような配属先を選んで希望することはまず不可能であるというデメリットがある。

その他に、仕事環境によっては体が不調に陥ったり、バネ指になって指の動きが不調になったり、或いは靴ずれが生じて歩くこともままならないことが起きることがある。このような事態に陥いれば、配属先の変更がなされたりすることがある。常に自分自身の体の状態をチェックすることが何として重要である。

正社員への道は基本的には1年以上期間工として勤務した人に対して、寄与される権利であるが、正社員採用率は決して甘いものではない。雇用企業側はいざ正社員に登用してしまうと、簡単には解雇することが出来ないため、「責任感があり、この先成長が充分見込める。」ことを最重要課題として人材を選択することになる。

雇用企業は常に正社員数との関係や負荷変動への対応を考慮しつつ期間工の採用時期、採用数等を勘案している。

しかし結局は能力という点で他より勝っていれば当然企業も人材として認めるのは関の山です。通常入社が難しい場合でも期間工は仕事上の評価を見てもらえる立場で採用されることが大きいのではないでしょうか。