期間工のメリットは?目から鱗の5つの優遇!

期間工のメリットはなんなのでしょう。大事な5つのメリットを上げてみました。

メリットその1)

福利厚生関連が整備されていることが多く、生活費にかかる費用が少なくて済むため、預貯金が出来やすいと環境にあるといえる。主な福利厚生施設といえば、何といっても寮という住環境と社員食堂といった食環境が整備されているケースが多いため、仕事自体は肉体的にハードであっても、整備された食住環境下では精神的に楽にしてくれる部分がある。そして何よりも預貯金ができる環境はメリットが大きいといえる。また、与えられた仕事をキチンとこなせば、俗に言う変な責任を押し付けられることはない。只々肉体的にハードであるが故にいろんな意味で余裕がないので、忍耐力をどうしても身に付けることがポイントである。

メリットその2)

基本的に厚遇であること。勤務期間までキチンと勤務した場合、給料とは別に満了金としてボーナスが支給されることがある。さらに、次の期間工としての契約を更新することになれば、慰労金として支払われることがある。

メリットその3)

寮費及び光熱費についてはまず、敷金及び礼金は一切かからないことである。寮費は一部雇用企業負担というケースであったり、無料といったケースもある。光熱費についても同様でほとんどの場合で無料が多い。

メリットその4)

受け取る給料とは別に色々な手当がオプションで付加されて支給される。手当には一般的には皆勤手当、赴任手当、メンバーシフト等交替に関する手当、経験期間に応じた実務経験手当、帰省するための費用、その他食事に関する補助金等があり、これらが給料にプラスされて支給される。

メリットその5)

雇用企業とダイレクトに雇用に関する契約をすることから、正社員への道が広い範囲で開かれているため、いつかは正社員を・・・と目指している人は一つの職業選択肢であるといえ、一考に値する。