期間工は女性の採用は?仕事内容はどんなものなの

c9b1f032a6b30d045d85ca32bca9b322_s

はっきりした目的を達成させるためには短い期間でお金を貯めなければならないという状況にあって、女性でも期間工に応募して採用されるかしらという疑問が頭をよぎる人が多く見受けられるが、はっきりいって全く問題はない。

なぜならば、男女雇用機会均等法という法律があり、職場等における男女差別は禁止されているからである。募集/採用/教育訓練/退職/解雇等のおける数々の局面で男女の平等が法律で保証されている。ということで「女性でも大丈夫?」という心配は無用である。男女平等とはいえ、仕事の内容は一緒なの?という疑問が出てくるが、そもそも男女では体格が違うという事実を見逃すことはできない。この点を考慮した職場を選択され、女性の場合は比較的楽な職場を割り当てられることが普通である。

具体的には自動車工場においては車体を組み立てたり重たいものを担ぐような類の工程には配属されず、パーツの組立工程等に配属されることが一般的である。

肉体的に作業がきつくて期間工を辞めたという話をよく耳にするが、男性に限った話であるとみてまず間違いない。企業側も無茶な要求はしないはずで、とにかく慣れることである。慣れればきつくなくなるケースが殆どである。どんな仕事でも慣れることが大事である。はじめから楽な仕事はないと思った方がいい。

また、見方を変えていえば、働く工場は男性が殆どを占めることが多く女性が非常に少ないという場面に遭遇するかもしれないが、いい面もある。それは、黙々と与えられた仕事をこなすことが役割であるため、人との話が余り好きでない人は適しているといえる。そして何といっても、仕事をこなしている間は殆ど体を動かしているため、自然体で痩せ、知らず知らずのうちにダイエットが出来るのが利点である。

しかもお金を稼ぎながらダイエットができることが大きいメリットである。期間工になる前はふくよかだった人が期間工の仕事を終えた頃には体重が20kg以上減って痩せたという話を聞く。期間工を辞めて地元にリターン後、再び体重が増えたという笑い話がある。